ヨガ。(まる) 〜YOGA MARU〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 入院してたけど「病院でもヨガ!」

<<   作成日時 : 2006/10/06 18:30   >>

トラックバック 1 / コメント 10

画像

久しぶりの更新ですね。
なーんと、健康がトレードマークの私が入院していました。
このブログで元気と反対ベクトルの記事は、
2005年6月に肋骨を骨折して以来かな。
ブログ開設以来2回目のちょっと大変な経験談となります。

今回の入院は、もちろん人生初
しかも全身麻酔を伴う手術の入院だったため、
夫、両親、親族一同、友人に心配をかけてしまいました。
同時に、自分は生きているんじゃなくて、
生かされている”ことに気づきました。
みんなのサポートあっての自分だということに気づいた。

画像

10日間の入院生活。
手術翌日は自力で起き上がるのに3時間かかったりと、
大変だったけれど実り多き日々だった。

退院した際には(今日)、名残惜しい感じが残ったくらい。
入院にしては珍しく(!?)ご近所付き合いが多かったから、
お隣、さらに奥の部屋の方々に挨拶回りをし、お世話になった
ドクター、看護士、ヘルパーの方々にもご挨拶。

まるで合宿を終えた後のような
感傷的な気分にさへなった。

画像

入院中もヨガしましたぞよっ!
病院ベットサイドヨガ」!?
手術当日まで思い切りベットの横にマットを広げてヨガをし、
手術(子宮筋腫を腹腔鏡で切除)後4日目からヨガマットを広げ、
脚、腕と動かせる箇所を少しずつ動かしたみた。

詳細は改めて書くとして、やはりどんな状況でも、
前向き
今自分が出来ることを精一杯する
笑顔
元気
があれば乗り越えられるんだな、と思った。

大変だったけれど、充実した病院生活でした。

今日退院したばかりなので取り急ぎのご報告です!!

ちなみに今日帰りに夫と一緒に代官山のモンスーンカフェでランチをし、
食料を買ってから帰宅しました。
手術した割には、結構元気!?
しかし、まだお腹を切った傷口は完全にくっついていないので、
じっくりリハビリしなければ・・・。

追記(10/8/'06)
手術と入院の詳しい記事こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■手術と入院■
昨日退院したわけだけど、人生初の手術を経験し、また、現代では女性4人に1人の確立であるといわれている「子宮筋腫」切除だったので、簡単に手術と入院内容をまとめてみました。 ...続きを見る
MANAのビューティ日記
2006/10/17 18:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ビックリしました。
とにもかくにもお大事に!
愉快。
2006/10/06 19:42
★MANA→愉快。さん★
そうなんです。
ブログで暗い話題は載せたくなかったので、術後にご報告しようかなと思っていました。
まだまだ切ったお腹の傷は完全にくっついていないので、じっくりリハビリします!
ありがとうございます!
MANA
2006/10/06 19:49
退院おめでとう!たいへんだったね。でも、MANAさんは入院でもしないと、ゆっくりできないだろうから(笑)いい休息になったのでは?色んなことを発見、実感して、更にUPPERな人になるんだろうなー。でも、無理はしないでね♪完全に回復されることを願ってますよん。
hana87
URL
2006/10/06 20:34
★MANA→hana87さん★
書き込みありがとう!
今日退院したけど、傷が完治するまでに1ヶ月くらいかかるようなので、まだまだリハビリが必要です。
イントラ復帰は今月末からよん。
今回の入院では思いのほかゆっくり出来ず、辛い時期を超えたら、あらもう退院!?とあっという間だったの。個室の垣根を超え、仲間も出来、ちょっと名残惜しい退院でもありました。
病院、結構居心地良かったのー。
MANA
2006/10/06 20:52
MANAさん、ホントに無事で良かったです・・・
そんな時でも前向きなMANAさん、ステキです。

やっぱり日本の病院っていいな。
入院させてもらえるし、麻酔も打ってもらえるし・・・入院生活も楽しそう・・・
(なんて言っちゃダメですよね、病院のお世話にならないのが一番!)
(私が今春に子宮から腫瘍を取った時は麻酔なしだったので・・・)

昔、扁桃腺の手術で入院した時、退院するのが名残惜しかったのを思い出しました。

でもとにかくあまりムリはされませんように。
そして早く完全に体が動かせるようになりますように。。遠くから応援してます♪
Richie
URL
2006/10/07 08:14
★MANA→Richieさん★
入院しているときは前向きに限る!と実感しました。暗くなったところで状況が変わるわけではないですから。

日本の病院って至れり尽くせりですね。
私の場合は筋腫が大きかったので手術しましたが、それにしても毎朝の検温、朝食、ガーゼ交換、医師チームの診断、看護師さんのご挨拶、体拭きのお湯、昼食、検温、看護師さんのチェック、・・・。
痛みさへなければ結構快適!?と思うほどです。
でもやっぱり病院なんですね、と自宅に戻ってから思いました。
MANA
2006/10/07 11:22
びっくりしました!入院してたんですね!
でも、凄い回復力で驚きました。やっぱり腹空鏡は体を傷つける部分が最小限で済むからですかね。
去年手術した私の友達は、かなりお腹を切っていたので、回復して職場復帰するのに二ヶ月かかってました。
MANAさんは入院中にもうヨガとは・・・でも、あまり無視しないで下さいね!!
Koma
2006/10/08 18:30
★MANA→Komaさん★
入院していたんです。
確かに腹腔鏡は傷が最小限で済むので、術後の回復も早いですね。
でも、術後数日間は結構大変だったので、そこは想定外でした(笑)逆に詳しく知らないまま本番を迎えたので、心配せずに済んだのかもしれません。でなければ、ヨガマットと万歩計持参で手術に臨む人もそういないですよね!?
MANA
2006/10/08 22:54
MANAさん、入院されてたとは!
驚きました。私も在職中に仕事の負担で腎臓を痛め、初入院しました。(元気だけが取り柄だったので自分が一番ビックリした。。)
今でも人よりウィークなんだという自覚があるので
ヨガの中でもバッタのポーズ(でしょうか、うつぶせで脚だけあげる)苦手なのですが、腎臓にいい効果があると聞いてからは少しでも効果が得られるようにがんばってます。

自分が病気にかかったとわかったときはすごくアンラッキーな気分になったものですが、「前向きでいること、今できることを精一杯やること」ほんと自分の気持ち次第でまったく変わってきますよね!

無理はなさらずじっくりリハビリなさってくださいませ。
ぐり
2006/10/10 14:08
★MANA→ぐりさん★

そうなんです。
「入院します」なんて記事は湿っぽくて嫌だなと思い、事後報告とさせていただきました。
ぐりさんも入院のご経験があるのですね。
私も同様、元気だけが取り柄だったはずが手術!?と驚きましたが、これで大病にかからず元気な婆さん生活を送れるかしら?と思っています。

アンラッキーな状況を変えられるのは自分ですよね!そう痛感しました。そして、どんな状況もそれなりに楽しめる、または良い方向へ持っていける自分でありたいと思いました。

ヨガはまだ出来ず、レッスンも代行を立てています。今月末からの復帰予定です!
MANA
2006/10/10 19:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
入院してたけど「病院でもヨガ!」 ヨガ。(まる) 〜YOGA MARU〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる